EQNext eBook第三弾The Enemy of My Enemy(敵の敵)公開

EQNext公式サイトにeBook第三弾The Enemy of My Enemyのパート1が公開された。
著者は第一弾eBook「The Last Stand of the Teir’Dal(Teir Dal決死の戦い)」と同じMaxwell Alexander Drakeで、10ページの短編。

また、後日パート2も公開された。こちらも10ページ。
2つつながった完全版

eBook第一弾がCombineがKunarkに逃げるまでの過程とBastionの外で戦うElfエリート軍Teir’Dalの話(Keremore Thex視点)
第二弾がCombineがKunarkに逃げるまでの過程とBastionに残って中から戦う者たちの話(Coralen Larkos視点)
この2つは一冊目の第一章と第三章、二冊目の第二章と第三章が全く同じ場所でかぶっていて、それが違う人物の視点で書かれている。
同じ場面にいる二人が内面でそれぞれ何を考えているのかが分かるのがおもしろい。

EQN: 敵の敵

今回の第三弾は、第二弾に出てきたOgreのBrozka視点の、Ogre側の立場を語った話。(主に第四章第八章で登場)
いつ頃の時期の出来事なのかは書いていないが、先に公開されている2冊よりもちょっと前にさかのぼっている。
(Brozkaがまだまだ若造的な描写があるため)
場所はBastionではなく、Tahrinという街のようだ。

【登場人物】
Grazdin – 年配のOgreで、みんなの父親的存在
Brozka – 若いOgre。状況判断能力が高く、若いOgreたちはいつもBrozkaの最終判断を仰ぐ
Mulna – 若いOgre。エルフに対する怒りを隠さないOgre至上主義者
Dak – 若いOgre。エルフを嫌ってはいるが、他種族も助けるべきだと思っている
Akani – 若いOgre。Brozkaの妹的存在。あまり物事を論理的に考えない
Keramore Thex – エルフのエリート軍Teir’Dalの指揮官

以下要点

この投稿の続きを読む

広告