【シムシティ】竜巻に強い遊園地

シムシティ: 7人吹っ飛ぶ竜巻

久々に竜巻が来た。
7人吹っ飛んだらしいが、直撃したはずの遊園地は無傷だった。
遊園地は竜巻の影響ないのかどうか確認するために、手動で竜巻を起こそうとしたが「未承認」。
普通に壊れると思うけどどうなんだろうな。

シムシティ: 小学校の赤十字テント

赤十字テントが小学校と管区警察局にも設置された。
遊園地にはテントはなかった。

広告

【シムシティ】UFOは管轄外

遊園地は夜閉園しているときは維持費がかからないんで助かるが、
その間収入もないんで、やっぱり鉱山を1軒建てた。

シムシティ: スカイリーチ・パスの鉱山

背景の大カジノ都市が明るいのに対して、スカイリーチ・パスはずいぶん暗い。
管区警察局に拘置所を1軒追加したが、すでに満員になりそう。
人口8300人でこの犯罪者の数。

シムシティ: スカイリーチ・パスの赤十字救援センター

設置費無料、維持費無料の赤十字救援センターをここにも建ててある。
以前エイリアンは管轄外なことが分かったが、UFOも管轄外だった。
あくまでも自然災害に対応するようだ。

シムシティ: スカイリーチ・パスの無職がやってくる

隣の大カジノ都市ロッキーウェイ・リッジの様子を見に行くと、
出て行く車は左車線のみ、
スカイリーチ・パスから入ってくる車は職探し、と相変わらずだった。

【シムシティ】渋滞のなか車を降りて援助活動

病院に患者が一人もたどり着けないほどものすごい渋滞だというのに、
赤十字救援センターで「援助を受けた住民」の数が増えていく。
赤十字の車両も渋滞にハマっているし、一体どうやって援助しているのか謎だったが分かった。

シムシティ: 援助中の赤十字の車両

渋滞にハマった赤十字の車両からシムが外に出てきて、
車両よりもちょっと先の建物に徒歩で入っていって援助をし、また徒歩で車両に戻ってきていた。
そして車両がちょっと進んではまたドアが開き、徒歩で建物に入っていく。
これを繰り返しながら赤十字救援センターまで戻っていく。

渋滞がないクラーク・ランディングで見てみたら、車両が路駐しているあいだ他の車はなんと車両の上を通って行ってた。
なのでこの援助活動は渋滞を引き起こしてはいない。
このシステムをパトカー、救急車、ゴミ収集車、スクールバスなどなど全部に取り入れてほしいものだ。

シムシティ: ロッキーウェイ・リッジのゾンビの気球

ロッキーウェイ・リッジには久しぶりに中所得層向けの熱気球の公園を置いた。

そういや街にゾンビが現れて何人も食べられたが、赤十字救援センターのテントは出現しなかった。
ゾンビは管轄外のようだ。

シムシティ: カジノの利益2.8M

1日のカジノの収益が2.8Mになった。

シムシティ: 眠らないカジノ都市

バグが直ったかもしれないし路面電車を取り入れてみたいが、路面電車センターを置く場所がない。
犯罪は相変わらずだけどゴミ問題が出てきた。
渋滞でゴミ集積所まで従業員がたどり着けない。
ここは住宅地区と商業地区をひとまとめにしてそっちに観光客が行かないようにしてあるが、
ちょっと離れたゴミ集積所の隣に低密度の住宅地区だけ作るか。
商業地も作ると観光客が来るから公園と図書館だけ置いておこう。

【シムシティ】ロッキーウェイ・リッジに赤十字救援センター

さっきまで、シムシティが入っていないアカウントで買ったDLCの返金のことをすっかり忘れてた。
思い出して今サポートとチャットして返金してもらったら、なぜか15%の割引クーポンをくれた。
なんか知らないけどお詫びらしい!(そこだけ定型文だったけど)
使っていないアカウントはまぎらわしいからさっさと削除しておこう。

シムシティ: 赤十字救援センターと石炭発電所

カジノが24軒もあるロッキーウェイ・リッジに赤十字救援センターを建てた。
隙間もないくらいびっしりとカジノで埋まっている街だけど、唯一石炭発電所の隣が空いていた。

シムシティ: 渋滞にハマった赤十字車両

設置したら早速活動を始めた。
「援助を受けた住民」がすぐに22人になった。

シムシティ: 渋滞がひどくて病院に患者ゼロ

この街には満員に近い診療所が1軒と病院が1軒ある。
病院の立地がもろに交通渋滞のど真ん中で患者も救急車もたどり着けない。
患者の数がほとんどいつもゼロ。
赤十字の車両も渋滞にハマっているが一体どうやって援助してるんだろうか。
患者がいない病院を稼働させておくのももったいない気もする。
が、資金に余裕があるからウェルネスカーを増やしてそれだけのために稼働させておくか。

シムシティ: 渋滞にハマるウェルネスカー

そのウェルネスカーも渋滞で動けないんだけどね。

【シムシティ】平和なクラーク・ランディング

赤十字救援センターで医療がまかなえるかどうか見ているクラーク・ランディング。

シムシティ: クラーク・ランディングの町並み

カジノをやっていないせいかすごく平和な街になった。
人口は8万7千人。

シムシティ: クラーク・ランディングの鉱山

シムが病気になりそうな要因として、一応鉱山と工業地区がある。
が、風下だから土壌汚染以外影響はなさそう。
ここでは久しぶりに大学と高校を作った。大学では濃縮太陽電池の研究やってる。
渋滞がないから高校の通学バスがスムーズに動き、教育レベルが上がり犯罪が少ない。

シムシティ: クラーク・ランディングの支持率93%

支持率がずっと90%超えてる。
病院って元々なくてもシムの幸福度は高いんだろうか?
思えば病院がない街を作ったことがないため、
これが元の仕様なのか赤十字救援センターの影響なのか分からないことに気づいた。
幸福度って病院よりも殺人とか犯罪の影響がデカイ気がしてきた。
でも病院ないと「健康」が黄色になったと思ったけどな。
それとも病室が足りなくて黄色になったんだったかな。
この街では病気もケガも死亡もあるが、何の影響もないように見える。

シムシティ: 完全アップグレードした市長の屋敷

かなり久々に市長の屋敷が完全アップグレードできた。
ここは教育が高く、渋滞がなく、犯罪もない平和な街になったんで全部の条件でとは言えないが、
この手の街に限っては病院は建てずに建設費も維持費も無料の赤十字救援センターを設置しておけばよさそう。

ちなみに一回だけ災害が起きて、ペットのボブが出現した。
が、赤十字のテントが現れなかった。
ペットのボブが災害に入らないのか、それとも運良くごみ収集所の隣に現れて被害が全くなかったからなのかは謎だ。