【シムシティ】日中動きまわる赤十字の車両

シムシティ: クラーク・ランディング

クラーク・ランディングに都市を設立した。

シムシティ: まっさらなクラーク・ランディング

まっさらなクラーク・ランディング。
1/3くらい崖がある土地。

シムシティ: まずは赤十字救援センター

ここではまず赤十字救援センターを建てて、病院なしだとどうなるか見てみることにする。

シムシティ: 死亡者の家に行く赤十字の車両

災害がない状態の時に赤十字の車両を追うと、死亡者や負傷者の家や商店、公園などに向かってゆく。

シムシティ: 戻っていく赤十字の車両

1軒だけの時もあるし、何軒か回ってからまた赤十字救援センターに戻っては出動していく。

シムシティ: 災害時以外に出動する赤十字の車両

これを昼間のあいだだけ車両2台でずっと繰り返している。
救急車は外から来ているが、どの都市から来ているのか表示されていないので分からない。
いつも2台来ている。
道路が緑なのは救急車がいるせいで、赤十字の車両のせいではない。

シムシティ: 病院なしで支持率90%

現在都市人口4万8千人。住民はほとんど低所得者で次中所得者、高所得者が少しいる。
「健康」が黄色になることはないが、病気、ケガ、死亡はある。
都市の年数3年で、何かと文句の多い高所得者が今のところ医療の文句を言っていない。
もうちょっと年数と人口が増えると不満が出てくるかもしれない。

広告

【シムシティ】赤十字救援センター

DLCの赤十字救援セットを買った。

シムシティ: 赤十字救援セットのお知らせ

が、ちょっとしたアクシデントが!
買ってからログインしたら上のスクリーンショットのお知らせが出ない。
あれ?おかしいな?と思いつつ「健康」をチェックしてもない。
まさかまさか・・・!?

シムシティ: 「災害」から隕石落下発動
*イメージ画像

なんと違うアカウントで買っていた!
なぜアカウントが2つも・・・?いつの間に?!
そのアカウントをよく見ると3年前に作ったとある。

シムシティ: 赤十字救援センター

結論として、サポートのライブチャットで聞いたら返金してくれるそうだ。
シムシティがないアカウントで買っちゃった、って言ったらすぐだった。
アカウントページからだと返金オプションがないからダメかと思ったけど、サポートスタッフしかできないらしい。
ただし買った直後にサポートにコンタクト取ったんでまだデータが出てきていないから明日また連絡くれとのこと。
アカウントページにサポートチケットのケースナンバーがあり、
その隣にライブチャットのボタンがあるからそれ押せばよさそう。
紛らわしいから返金されたらもう1個のアカウントは退会しておこう。。。

シムシティ: 赤十字救援センターを設置

という訳でシムシティが入ってるアカウントで赤十字救援センターを買って早速設置。
フラタニティを作るために作ったのんびりした街に置くことにした。

シムシティ: 災害が起きる前の赤十字救援センター

災害が起きてなくても活動している。
大きさは大学と比べると分かりやすいかもしれない。
維持費はゼロ。

シムシティ: 隕石を起こす

災害が起きてほしい時に限って起きない。
初めて強制的に災害を起こすことにした。なんとまだアンロックしていない災害がある。
このタブ見たのシムシティ買った直後以来だ。
被害が少なそうな隕石を落下させたのが上のイメージ画像。

シムシティ: 隕石落下で火事になった住宅地

あちこち火事になった。

シムシティ: 赤十字救援テント設置のお知らせ

隕石落下の直後に赤十字救援テント設置のお知らせが出た。
先日、って!

シムシティ: テントがいっぱいの赤十字救援センター

すぐに赤十字救援センターにテントが敷き詰められた。

シムシティ: 公共機関に設置されたテント

赤十字救援テントは警察署、小学校、図書館、市役所にも敷き詰められた。

シムシティ: 赤十字救援センターに並ぶ人たち

赤十字救援センターに並ぶシム。

シムシティ: 対応する赤十字の車両

災害がない時は赤十字の車両は2台あちこち回って援助している。なんの援助なんだろう。
災害時には何台も出動している。

シムシティ: 赤十字の援助活動終了

シム時間の1日で援助活動が終了してテントが消える。

シムシティ: 赤十字に満足

喜んでいるシムの声。

シムシティ: 赤十字とボランティアに感謝の声

ちなみにこの建物は地価に影響を与えない。
災害がないときにも回っている車両がウェルネスカーみたいに健康に影響を与えるのかどうかは、
もうちょっと長いこと見ていないと分からない。
病院がない街で見てみると分かりやすいかもしれない。
病院の代わりになるか実験してみるか。

【シムシティ】米赤十字社とのコラボDLC

米赤十字社とのコラボDLCのお知らせ(英語公式ブログ)

ついてくるもの:
被災者支援センター(避難所と食料)
赤十字社診療テント
車両2台

期間:
2013/9/17から1年間

価格は$9.99で米国と欧州一部の地域のみのキャンペーン
売り上げの8割以上米赤十字社に寄付される。

自然災害が起きるとテントが街のあちこちに自動的に出現し、復旧すると消える。
テント1軒消えるごとに街にシムが10人帰っていく。

米赤十字社といえば東北の震災の時のアメリカでの機動力がすごかった。
その日のうちに東北義援金専用窓口が開設して、ケータイで打つテキストメッセージが大々的にメディアで公開された。
なんて打ったか忘れたが、文字だったか数字だったかのコードの後ろに数字を打ってSMSを送信すると(ABCD20というかんじ)、
打った数字の金額(US$)が義援金になってケータイ電話キャリアの請求書から直接引き落としになる仕組みで、
誰でも簡単に寄付できるシステムが直後にもう整っていた。
街に出れば銀行窓口やスーパーのレジなどあちこちで東北義援金のお知らせやら箱やら置いてあって、
日常で普通に生活していれば目にするようになっていた。
発生後2週間ほどで100億円集まったそうだが、今どうなってるかサイトを見たら1年後の東北、2年後の東北、と今もレポートがあった。

というわけで何があるか分からないしあとでシムシティやる時間ができたらこのキャンペーンに参加してみよう。

あとはシムシティの公式Facebookに『2日後に何かが起きる』、的な告知がある。
昨日の投稿だから明日告知かな。
拡張っぽい。

【シムシティ】モスクとうずまき道路

シムシティ: モスク

真ん中のでっぱった土地にモスクを建ててみることにした。

シムシティ: モスクに向かう住民たち

道路引くのに夢中になっててすっかりモスクだけ建てたところのスクリーンショット撮るのを忘れていた。
朝日とともに住民がこの一本道を徒歩でモスクに向かってゆく。
道路でいつまでも遊べそうだが結局この道路は壊した。

シムシティ: モスクの隣のうずまき道路

そして今こう道路を引いているところ。
NキーとMキーで上下の調節をしながらかなり引けそう。

シムシティ: モスクと一本道

まだ引いてる途中だけどこれは1本道で、ちゃんと繋がってる。
この周辺はまだまだ道路開発できそうだ。

シムシティ: どこでもトンネルが作れるように

橋ばっかり作ってるがNキーで道路を下げてトンネルも作れる。
そしてこれもかなり高い。
予算の関係でトンネルはしばらく作れそうもないが、お金があればかなり土地を有効利用できそう。

シムシティ: 礼拝堂のクエスト

礼拝堂のクエストも新しく入ってた。
何もしなくても住民がこぞって礼拝堂に行くんでいつの間にか終わる。

とりあえず道路のおかげでかなりやれることが広がったんで道路だけで時間つぶせそう。

【シムシティ】カーソン・ショアにアップデート7後の第一の都市設立

カオスすぎるカジノ都市でアップデート7の橋を作ろうと思ったけど、
自由に作れないんでやっぱり新しく都市を設立した。

シムシティ: カーソン・ショアに

カーソン・ショアという土地にした。

シムシティ: まっさらなカーソン・ショア

またよく見ないで土地を選んだら、ど真ん中に山っぽいのがあった。

シムシティ: カーソン・ショアの高速道路入口

最初なんで無駄に橋を作ってみてるが、欠点が発覚した。

シムシティ: 高額な道路

ものすごくお金がかかるのだ。
さすがにこの配置で作ろうとは思わなかったがどのくらいまで橋ができるかまず先に試してみた。

シムシティ: カーソン・ショアの最初の道路

まあ最初の道路はこんな感じで無難に引いたがこれだけですでに初期資金5万のうち4万9千使っていた。
このあと地区を作るために砂利道を引いたら残り81に。
またもや税金10%にして粘る作戦開始。

シムシティ: 寺院

お金がかかるものは一切使えなくなったんで無料の寺院を建てた。

シムシティ: 幸福度が上がるありがたい寺院

なんとこれが思わぬ効果が。
学校も病院も警察も何もなくても住人がキレない。
1軒も廃墟にならない。
寺院から出てくる住人はみんな幸福度が上がっている。
まだ2年目くらいなのと何か相乗効果でもあるのかもしれないが今のところはいい感じだ。
都市につき4軒まで建てられるようなんでMAXまで建てて、
施設系何も作らないでどこらへんまで犯罪が増えないか実験してみよう。