EQNext 地名入りマップ

ロアブックやロアパネルなどの情報を元に、プレイヤーがEQNのマップに地名を入れた。
それにMoorgard氏が場所の訂正を入れて作られたマップが完成した。

プレイヤーが作ったEQNマップ(クリックで拡大)

プレイヤーが完成させたEQNマップ(クリックで拡大)

Labeled EQN map

Moorgard氏はこのスレッドで以下のように何度もコメントを入れている。

– これは完全な縮尺図ではない。
– Landmarkの距離感とはまったく違いもっと広い。
– ロアブック「Fall of Bastion」と「Last Stand of the Teir’Dal」に出てくる地名の位置関係と実際のマップは異なる。この2冊が書かれた当時は大まかなマップ設定しかなかったため。
– このマップは、オリジナルのEQに似た位置設定で作った。
– EQNリリースの時点でKerra Islesを含めたいが、まだ分からない。ただ、未公表のマップではPlains of KaranaとRathetyrの西にある。Kerranは暖かい地域にすむ種族なのでKerra Islesは北ではなく南に位置する。
– SolusekはYelinakと仲が良かった。Keldarain時代の種族は近代Norrathの種族よりもドラゴンとより親しい関係にあった。War of Plagues後にSeraphsがNorrathを去ったあと、SolusekはYelinakにRohsongを託した。Solusekは他の種族、特にDalに知識を与えた。これがElfがHigh Magicを手にするきっかけとなり、自分たちだけの知識として守ってきた。ドラゴンの間で学者として有名なLady VoxはRohsongの研究に熱心だった。YelinakはLady VoxがRohsongを手に旅をする許可をしていた。

なお、Neriakは過去の街となっている模様。
Thex家代々の邸宅Neriakは、戦争でドラゴンが見せしめに壊しThex家はKunarkに逃げたため。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。