Landmark EQNのQeynosを作るコンテスト

Landmarkでは公式主催でさまざまなコンテストが行われてきた。
どれも投票でテーマが決まり、Dark Elf、Kerran、Ogreと来た。
新しいコンテストのテーマはQeynosになる。
QeynosといえばEQNでは象徴的な都市。

Landmark: Qeynos遠景の図案

EQをやったことがある人は誰でも知っていることだが、Qeynosという都市名はSonyEQを逆さに読んだもの。
ソニーから独立して「SOE」から「Daybreak Game Company」と社名が変わっても、Qeynosの名前は変わらないそう。
逆さ読みネタでは、上のフォーラムリンクでのMoorgard氏のコメントによると、Ashen OrderにT’Narevというキャラもいるそう。

そのQeynosの立地が先日のWorkshop Show #28で初めて明らかになった。

EQN: マップ上のQeynosの位置

上のマップはEQNのAmaril大陸。
上から2番目の川沿い南側の、西海岸の崖の上にQeynosがある。

Kerranコンテストの頃だったか、LandmarkでEQNを作るコンテストはLandmarkフォーラムではなくEQNフォーラムに移動した。
EQNフォーラムにQeynosを作るコンテストのスタイルガイドが発表された。

Landmark: Qeynosの建物図案

Qeynosの建物の特徴は、尖った屋根、細長い塔、丸みを帯びた長い三角の窓と門。
あまりにも急角度の屋根はダメで、屋根が乗った壁から少し屋根の部分が外に出ているバランスが必要。
Qeynosからは海が見え、川が見え、森が見える。
高い塔があるのは遠くを見渡すため。
Kerranの建物は壁やガラス窓に囲まれているのではなくオープンなスペースが多かったが、
Qeynosの建物にはオープンなスペースはあまり作らないで欲しいそう。
過去のスタイルガイドと同様、Qeynosスタイルガイドにも徐々に情報が増えていくと思われる。

Qeynosの建物の他に、ノールのコンセプトアートも公表された。

EQN: Knollコンセプトアート

Bastionの戦い(ロア)後にCombineがAmarilから逃げていったあと、ノールが勢力を増していった。
何百年も経ってCombineが戻ってきた時Amarilにはたくさんノールが住んでおり、侵入者であるCombineを敵対視するようになる。

Landmarkで作成したQeynosテーマの建物のスクリーンショットを貼るスレッド
[Showcase] Qeynos Screenshot Thread

Qeynosの図案やイメージに合うと思うスクリーンショットなどを貼るスレッド
[Showcase] Concepts, Sketches, and Other Visual Ideas

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。