Landmark – Cβ – 柱作り

Landmark: 柱作り

フォーラムのチュートリアルを見ながら柱を作った。

Landmark: 太さが変わる柱

ポイントはこの丸みと

Landmark: リングをはめた柱

リングをはめるところ。

まずはテンプレートウィンドウを開き(Tキー)、Starterで検索してSTARTER Pillarsを取り出す。

Landmark: スターターテンプレートの柱

次に柱の一番上と一番下を決める。
私は下を10 x 10、上を6 x 6にした。
垂直に両方設置。あいだを12ボクセルほど開ける。

Landmark: 柱の上と下をラインツールで繋ぐ

柱の上と下をLineツールで繋げる。分かりやすいように違う素材にしておくといい。
幅は柱からちょっとはみ出るくらい。
上は小さく下は大きいので台形になる。

Landmark: 台形を1ボクセル上下プラスで選択

台形部分プラス上下に1ボクセル分余分にSelectionツールで選択する。
台形部分の周囲横幅も1ボクセル分余分に選択する。

Landmark: 台形をスムーズツールで滑らかに

Smoothツールを12回ほど使って滑らかにする。

Landmark: スムーズな柱部分を切り取る

Selectionツールに戻り、上下少し縮ませる。
色が違う部分の1ボクセル内側くらい。
Ctrl Cでコピーし、柱の上下の土台を作ってそこにCtrl Vでペーストする。
緑の縦方向の矢印が出ている状態でVでミラーして下にくっつける。
この作業場は高さがないんでちょっと上下削った。

Landmark: 厚みのある柱

先にペーストしてあとで土台を作ることもできるが、ボクセルが崩れるのでその場合はペースト上書きすればいい。

Landmark: 柱を伸ばす

柱を設置しにいくと地面から上まで異様に高さがあるので、柱を伸ばした。
伸ばした部分は、最初に使った柱の上になる部分と同じサイズをくっつけた。

次に柱を囲むリング作り。
これには通常のボクセルとはサイズ違いのOffset Voxelというのを使う。
スターターキットのサークルボクセルは通常の1ボクセルで作ったものだが、
Offset Voxelは通常とはサイズが異なるボクセルで作ったもの。

Offset Voxelの作り方のチュートリアルもあるが、ここはテンプレートを使わせてもらうことにする。
ショーケース(Bキー)のGalleryタブでBiAを検索し、BiA Swap’N’Dropへ飛ぶ。(Visit Claimボタン)
もしくはSatisfactionワールドのKettleポータルすぐ隣。
ここはLandmarkのプレイヤーたちが善意でテンプレートを無償提供してくれ、
それを一カ所に集めてくれているフリーマーケット。
フリマはアルファの頃からあちこちにあったが、先月のパッチで導入された「Copy Only」という権限レベルが入るまでは
素材欲しさにアイテムを根こそぎ持っていったり、コピー&ペーストのミスで隣のボクセルが壊れたり、という問題があった。
アルファでこれじゃオープンベータになったらますますヤバイ、ということでずっとこの権現を追加する要望が出ていた。
BiAは兄弟で運営しているそうで、いつも並べ替えや新しいテンプレートの追加など作業している。

Landmark: オフセットボクセルのテンプレート

広大なBiAの敷地にあるこのテンプレートをSelectionで選択し、テンプレートを作成する。(Tキー)
ちなみにこのテンプレートは先日動画を紹介したギルドLaForge提供。

Landmark: 柱のリング作り

リングを付けたい柱の部分を高さ7ボクセルで選択し、あいてる場所にコピペ(Ctrl C, Ctrl V)する。

Landmark: 真ん中3ボクセル分を削除

次に真ん中の高さ3ボクセル分を選択してコピーし、
Tweakモード(Ctrl + Click)を出してRemove Voxelsにチェックを入れ、また同じ場所に重ねて切り取る。
(Deleteを使うとボクセルが崩れる)

Landmark: オフセットボクセルを選択

先程のテンプレートの柱に合ったサイズのOffset Voxelの、
1番上の真ん中だけ1ボクセル分選択してコピーする。
私の柱には一番小さい5番がちょうどよかった。
このテンプレは布素材でできているため、布のブロックを持っていないと足りないとでるので
その場合は作ってから取り出す。

Landmark: オフセットボクセルでリングを入れる

円になるように高さ3ボクセル開けた部分にペーストする。
ちなみにこれはOffset VoxelのStretch Voxelというもので、
高さ1ボクセル分でコピーしてもペーストすると3ボクセル分になる。
このため、上下繋がる部分が崩れない。
チュートリアルと同じサイズにしなかったため、サイズをミスった感じだけどなんとかなった。
テンプレートのサイズが豊富だからどのサイズでも大丈夫そうだ。

Landmark: リングの部分に色塗り

柱のリングに当たる部分にPaintツールで色を塗って、

Landmark: 柱にリングを取り付け

コピーしたものを柱にペースト。

Landmark: 柱できあがり

柱のできあがり。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。