EQNext 新しくなったクラスとマルチクラスシステムについて

SOE Live 2014のEQN基調講演のElementalistの説明のところで
「異なるクラスと協力して一人ではできないことができる」と言ってた意味が分かった。
Elementalistというのは、物を凍らせるスキルがある。
岩など硬すぎて割れないものでも凍らせれば削れる。
Warriorには地面を削るようなスキルがあり、氷なら一気に深く削り取れる。
そこでElementalistが地面を凍らせ、Warriorがそれを削って地下に降りた、ということだった。

基調講演から戦闘だけ編集した非公式動画:

ElementalistのところでWarriorとのコンボを見ることができる。

EQN: EQNextのTempestクラス

EQNの戦闘パネルで、主にTempestを例にEQNのマルチクラスの説明があった。
去年の発表時から大幅に変更したそうだ(去年のはここここ)。
(レベル制ではないところは同じ)


 

各クラスで使えるアビリティには「Keywords(キーワード)」があり、これがマルチクラスシステムに使われている。
「キーワード」には「Origin」と「Damage」という2つのカテゴリがあり、
Origin + Damageの組み合わせがクラスの基本となる。

EQN: TempestのLightning Strike

Druid/Assassinのハイブリッドクラス、Tempestで開始すると、
「Lightning Strike」と「Clusterstorm」という2つのベーシックアビリティを持っている。
「キーワード」は両方とも「Nature/Lightning」。(ドルイドの要素が「Nature」でアサシンの要素が「Lightning」)
次に「Sparkrush」(Nature/Lightning。自分を雷光に変えて任意の方向に高速移動、通った場所の敵すべてにダメージ)と
「Energize」(Nature。パッシブ。Lightningアビリティを使うと次に使った時にエネルギー回復)というアビリティがアンロックする。

 

【Origin】

「Origin」はクラスのパワーソース。装備の見た目にも影響する。
装備や装備を使った時に出るパーティクルエフェクトを見れば、そのキャラやNPCが「Nature」タイプ、といったことが分かる。

EQN: Originの種類

「Origin」には6つの種類がある。
1つのクラスにつき通常1種類か2種類「Origin」がある。

EQN: OriginがMartialの場合の装備の見た目

「Origin」が近接戦をするクラス向けの「Martial」だと、武器または盾の見た目は上のようになる。

EQN: OriginがDivineの装備の見た目

「Origin」が「Divine」クラスの武器と盾の見た目は上のようになる。
「Divine」にはHoly(左)とUnholy(右)の2種類ある(Good系とEvil系)。

 

【Damage】

EQN: 7種類のダメージタイプ

もう一つのキーワードカテゴリは「Damage」。
「Damage」には7種類ある。
クラスは「Origin」に「Damage」を組み合わせて作られている。

組み合わせと装備の見た目の例:

EQN: Nature + Physicalクラス

Nature + Physicalの組み合わせ。

EQN: Arcane + Shadowクラス

Arcane + Shadowの組み合わせ。

EQN: Divine + Fireクラス

Divine + Fireの組み合わせ。

EQN: Divine + Shadowクラス

Divine + Shadowの組み合わせ。

EQN: 各クラスのOrigin+Damageの組み合わせ

各クラスのOrigin/Damageの組み合わせ。

Tempest – Nature/PhysicalとNature/Lightning
Cleric – Divine/FireとDivine/Radiance
Wizard – Arcane/Fire、Arcane / Shadow、Arcane/Radiance
Warrior – Martial/Fire、Martial/Physical
Elementalist – Elemental/FireとElemental/Water

EQN: アビリティとアイテム

Tempestのアビリティ10個とアイテムの例。
各アビリティ(左)にはOriginとDamageアイコンが付いているのが見える。
各アイテム(右)の説明にはOriginやDamageを使うとどんな効果があるか書いてある。
(アイテムにはSTRアップなどステータスアップはない)
アビリティの効果に関わるため、アイテムはとても重要になる。
アチーブメントやロアのアンロックもアビリティを強化する。
また、いいアイテムを拾ってそれが「Shadow」のDamageだったため、
Shadowを使うクラスを取りにいこう、と思うきっかけになったりする。

EQN: 20クラスの組み合わせの例

40クラスのうち20クラスの組み合わせ。(ここに載ってる組み合わせは変わる可能性あり)
Origin/Damageで組み合わせていって1人で40クラスのマルチクラスのキャラを作ることが可能。

ただし去年のパネルで1人でPaladinとShadow Knightを取るのは可能だけど
NPCの態度が変わるため通常より難しいと言っていたのと、
簡単に取れるクラスと難しいクラスがある、ってことと、
普段の行いによってNPCがクラスについて教えてくれたりくれなかったり、と言っていたので
単純にOrigin/Damageを組み合わせるだけではなく、その他の要素もありそう。

あと、合計8つのスキルのうち4つが自分のクラスのスキル、
あとの4つはマルチクラスのスキルだけど、
特定のスキルを使うためだけにクラスをアンロックする、ということもできるという話も去年あった。

それから武器の種類。
一つのクラスで二種類使え、組み合わせによってアビリティが変わってくると去年言っていた。
そういえば両手持ちは不利になるんじゃ?って問題(?)はどうなったんだろう。

これらが変更になったという話も、変更になっていないという話もしていなかった。
Q&Aもあったし1時間でカバーするのは厳しいか。
Origin/Damageシステムが追加になったということだととったけど、そのうちはっきりするだろう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。