Landmark – Cβ – ケラの星形づくり

Landmark: ケラの星コンセプトアート

ケラ建築のスタイルガイドによると、ケラの星形は5角ではなく4角のこの形だそう。

Landmark: ケラの星形

このケラの星形が簡単に作れるというので試した。
(昼のスクリーンショットは、制作中に撮ってなかったんであとから撮ったもの)

1. 大小1つずつ星形の原型の1/4を作る

Landmark: ケラの星形の原型
大きい原型の1/4が9 x 9、小さい原型の1/4が4 x 4のサイズ

2. 大きい星形の原型を作る

Landmark: ケラの星形の原型2
1番で作った大きい原型の1/4をSelectionツールで選択してコピーし(Ctrl C)、回して移動して4回ペーストする(Ctrl V)
(`キー+TabまたはShitクリックでTweakモードを出して移動。真ん中の穴は作ったあとにDeleteツールであけたもの)

3. 大きい星形の原型を重ねる

Landmark: 星形の原型を11個重ねる
2番で作った原型をSelectionツールで選択してコピー&ペーストで11回重ねる

4. 重ねた星形の角にボクセル1個ずつ足す

Landmark: 重ねた星形の角にボクセル追加
分かりやすいように素材をPaintツールで変えてから、Addツールで角の部分にボクセルを1つずつ追加する

5. Smoothツールで滑らかにする

Landmark: 星形にスムーズツール
色を塗った追加ボクセルの内側をSelectionツールで選択し、Smoothツールを何回か使って滑らかにする
(1番上は選択しない)

6. 星形を切り取る

Landmark: なめらかな星形を切り取る

5番のSelectionツールを真ん中に幅1ボクセル分移動して、コピー&ペーストする(スクリーンショット右上)。
ペーストしたなめらかな星形の4角に、4番と同じように違う色のボクセルを1個ずつAddツールで足す(スクリーンショット左下)

7. 星の角を作る

Landmark: 星の角を作る1
ボクセルをAddツールで縦に並べ、上下1個を除いた部分をSelectionツールで選択する。
この部分が細くなるまでSmoothツールを使う

Landmark: 星の角を作る2
真ん中あたりの細い部分をSelectionツールで選択してコピーする

Landmark: 星の角を作る3
6番の星形の、色を付けた追加ボクセルの1個外側に上の細い線をペーストする(縦向きのまま)。
スクリーンショットのように、色付きボクセルが残っていれば成功。
Paintツールで全体を好きな色で塗る

Landmark: 失敗した星の角
細い線をペーストしたあとに色付きボクセルが残っていないこれは失敗。
ペーストする位置が色付きボクセルに重なってるとこうなる

8. 小さい星形を作る

Landmark: 小さい星形を作る
2番から7番の方法で小さい星形を作り、Paintツールで全体を好きな色で塗る
(大きい星形と違う色。組み合わせによってはにじむので変更する)

9. 星形を2つ重ねる

Landmark: 大小の星形を重ねる
8番で作った小さい星形をSelectionツールで選択してコピーし、7番で作った大きい星形にペーストで重ねる。
このときShiftクリックでTweakモードを出し、チェックボックスのチェックが2つとも外れていることを確認する

10. ケラの星形のできあがり

Landmark: ケラの星形完成
角の作り方が応用が効きそう。
Smoothツールは使いすぎるとボクセルが崩れるので注意
(星形の原型の真ん中にある穴は、Smoothツールの使いすぎかどうかの目安になる。穴がなくなるまでかなくなる直前くらいがちょうどいいことが多い)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。