EQNext Kerraコンセプトアート

Round Tableのドワーフ対ケラはケラが勝った。

今日締め切りのダークエルフコンテストのあとのWorkshopのテーマはケラとなった。
ダークエルフの時と同様にスタイルガイド作りから始まることが予想される。

今日のライブ配信によると、ケラのWorkshopについて詳しいことは来週発表されるとのことだが、
ケラの建造物とケラのコンセプトアートが披露された。

EQN: Kerraコンセプトアート

去年のSOE Live以来ケラのキャラクターモデルはまったく出てこなかったが、
ここに来て初めて何種類か出てきた。
去年出たモデルが不評だったから作り直していると言っていたが、バリエーションがあるようだ。

ドワーフ対ケラのRound Tableをやっている時に、ケラの建造物ってどんなのだろう?って思っていた。
まっさきにVah Shirの都市Shar Vahlを思い浮かべたが、Kerraっていうと?
EQ1のKerra Isleを見に行ったときのああいう小屋みたいなのかな?と思った。
コンセプトアートのスクリーンショットを撮るのを忘れたが、
EQNのKerraの都市はオリエンタル風とポリネシア風が混ざった感じだった。
これも来週公式フォーラムで発表される。

EQNのケラのロアはまったく公表されていないので、このWorkshopでダークエルフ以上に新情報が出てきそう。

その他の情報は、ダークエルフの肌の色のRound Tableをやっていたが、
選択肢は多いほうがいいため、ここで挙げた4択全部の色合いから選べるようにすることにしたそう。

そしてEQNでプレイできる種族だが、開始時は8種族だそう。
Dark Elf、Kerran、Dwarf、Human、Iksar、(High) Elfと、あと2つはあとで、とのこと。
「開始時は」と強調していたので増えていくのかもしれない。

さらにLandmarkの話の時に出た話題だが、キャラクターが椅子などに座ることができるようにする方向だとのこと。

明日のLandmarkのパッチ後、「Landmarkのランドマーク」コンテストの入賞作品が徐々にゲーム内に追加されるそう。
明日のパッチではキーバインドが追加されるが、その設定画面にVacuum Lootというのがあった。
Mobのドロップを一気に吸い上げるのかな?

久しぶりにライブ配信を見ることができたけど、こうしてみると情報が多い。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。