Landmark – Cβ – 薄いタイル

昨日メガボクセルを試した。
タイルって繋ぎ目が白とか色がついているけど、あのタイルだと隙間があいている。
白い壁を作って厚いタイルをそのままコピペしたら隙間が白くなるかな?と思ったけどならない。
薄いタイルにすればコピペで隙間が埋まる。

Landmark: 薄いタイル作り

またしても夜だったんでLumiciteを使った。
厚いタイルは、通常の1x1x1ボクセルの8つの角から1個置いた場所に小さいボクセル(Micro Voxel)を置いたが、
薄いタイルは、角ではなく縦4辺に沿って1個外側4ヶ所にMicro Voxelを置く。

Landmark: 薄いタイルができた

上にある大きいのが角8ヶ所に小さいボクセルを置いた、昨日作った分厚いタイルになるMega Voxel。
下の平べったいのが4ヶ所に小さいボクセルを置いた、薄いタイルになるMega Voxel。

Landmark: 薄いタイルを並べていく

薄いタイルの角は無視して、真ん中だけを選択ツールで選択する。
白い板を敷いた上にそれをコピペで並べていく。

Landmark: 溝が白いタイル

溝が白いタイルになった。

Landmark: タイルを起こすと窓みたい

これを使って小さい部屋を作ってみようと思い、コピペして縦に置いたら窓みたいになった。
この色はSF系の建物の窓に似合いそう。

なんかやりにくいんで、これをコピペはやめて白っぽい壁に薄いタイルを1個ずつ並べ、
そのあと色を塗り替える、という手順でやってみた。

Landmark: タイルの壁の部屋

この手順はやりやすかった。
フリマでバスルームセットをもらっておけばちょうどぴったりだった。
普通の部屋ではタイル2段くらいにしておいてアクセントに使えるかもしれない。

Landmark: タイルで遊ぶ

木を中心の建物を作っているんでこのタイルをどこかに使うつもりは今はないが、
数をかぞえずテキトウに壁を作ったため上には白枠があるのに下にないのが気になったんで枠を追加した。
枠沿いにタイルを付け直しているときに、まちがえて溝が十字に交差するところにタイルを置いた。
すると違う模様のタイルになった。いろいろ遊べそう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。