Landmark 5/1までにPlayer Studio導入

2014/5/1までにLandmarkにPlayer Studioが導入される。
Player StudioではLandmarkで作ったものをテンプレートにして売ることができる。

現在Player Studioで売ることができるのはEverQuest、EverQuest II、PlanetSide 2用のアイテムを作るUS在住者のみで、
次にカナダ、フランス、ドイツ、イギリスが追加されてから他の国も追加される予定。

Landmarkについてはまだ更新されていないが、Player Studioのページによると
売りたいアイテムをまず提出してSOEの審査を通ると売ることができる、というのが今の流れのようだ。
アイテムはStation Cashで値段をつけてプレイヤーは売上の40%を得ることができるとある。
Landmarkは他のゲームと違って特殊なので、導入前にLandmark用の詳しいFAQを公表するそう。

Player Studioへアイテムを提出する流れを見ると、審査が通ったらUS在住者なら誰でも使う税金の書類W-9を提出するとあるので、各国の税金に対応するのが複雑そうだ。

Player Studio Coming to Landmark (and More Countries!)

広告

3 Responses to Landmark 5/1までにPlayer Studio導入

  1. 匿名 says:

    日本は相変わらず後回しですか・・・モチベが一気に下がりました。
    何でもそうですがスタートが大事です。
    あとから出せば全て二番煎じになりかねない。
    とりあえずポイント制でも何でもいいから販売させてくれたらいいのに。
    返金したくなってきた。。。

    • Fran says:

      先に導入されているEQ1、EQ2、PS2もまだ米国のみみたいなので、国外に広げる最初の一歩ってところですかね

      • きのこずきん says:

        まあ今のご時勢仕方ないですよね。
        でも日本人は世界的に見てもクリエイティブ性は高いし、外国の人から見ても日本人が製作した物というだけで必見と考える人もいますから、個人的には後回しでも「なんとかなる」と思っています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。