EQNL – α – ツリーハウス作り

キャッシュフォルダの容量チェックしたときにLocaleフォルダを見たらドイツ語、フランス語、スペイン語、中国語のファイルが入ってた。
いつ入ったんだろう。
中国語が入ってるってことはダブルバイト入力できるかと思ったけどまだだった。

EQNL: はじめてのツリーハウスづくり

もう1週間前の話だけど、土地を拡張して木のPropを作れるようになった時に早速木を作り、
ファンタジーといえば誰もが思いつくツリーハウスを作ってみることにした。
てきとうに木の周りに階段を置いて先にレイアウトを決めようと思いつつ、
雰囲気を感じるために途中に簡易の小屋を置いては階段を伸ばしてたんだけどすぐ木が足りなくなった。
木の修正入るの分かってたから木こりはしたくなかった。
というかこんなに階段ばっかり増やしてテンプレになったとしても、
ベータで土地3つ獲得して維持するのどれくらい大変なんだろうと思ったら
これ以上拡大しないほうがいいと思えてきた。
そこでふとEQ1のKelethinってどんなのだったかな?って思った。
Kelethinを作るつもりはないけど、思い出そうとしていたらだんだん気になってきたんで見に行った。

EQ1: Kelethinの建物

四角じゃなくて八角形だった。
屋根は尖ってるような気はしたが合ってた。
そして通路をチェック。

EQ1: Kelethinの通路

階段かと思ったら、まっすぐの通路とちょっとカーブしている橋が混在していた。
枠があるような気がしていたが、まっすぐの通路には枠はなく、橋にはロープがかかっていた。
土台には枠がないか、低いのがあった。
枠なんて甘かったか。
初心者じゃあるまいし落ちるわけないと思ったけど下がって全体を見ようとしたら落ちた。
通路巡回してるガードがたまに落下してるように見えてドキッとする。

ということで、ここは恐ろしい街なんで極力近寄らなかったから全然覚えてなかったようだ。

さて、戻って私も四角じゃなくて八角形の小屋にしてみるか、と床と壁を作ったり、
屋根は思いっきり尖ったのにするか、とやってたが、

EQNL: 夜の制作

この暗さのせいで全然進まない。
この一週間、ログインして夜だとログアウト、明るかったら制作して夜になったらログアウトしてた。
暗すぎて適当に置いたたいまつがどこにあるか見えないんだよね。。。

今日はログインしたら夜だったんで、丸太を板に加工して朝まで待つことにした。
数値指定して1回制作ボタン押すだけであとは勝手にやってくれるので楽だ。
が、板を3万枚作ったらインベントリに入らない、というメッセージが出た。
しょうがないからフォーラムを眺めたり猫にちょっかい出したりして明るくなるまで待ち、
やっと屋根を土台に乗せるところまでできた。。。

EQNL: ツリーハウス途中経過

Shift + クリックはかなり便利。
位置の調整がしやすくなった。

ツリーハウスやRivervaleの穴ぐらみたいな家は人気あるみたい。
そういやもうすぐEQ1の15周年記念日だけど、Landmarkで作成されたEQ1とEQ2をテーマにしたものが3/19(現地時間)のライブ配信で特集されるそう。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。