EQNL – α – はめ込み模様

EQNL: はめ込み模様のテスト中

ギザギザ模様ではなく、スムーズなはめ込み模様ができるというんで試してみた。

1. まず1 x 1で板を作り、そこにDeleteツールで適当な模様や文字をくり抜いていく
EQNL: ギザギザ模様

2. 次に上の1 x 1で作ったものをSelectionツールで選択して、隣にCtrl Cで7枚くらい重ねてコピーしていく
EQNL: ギザギザをコピー中

3. 重ねてコピーしたものを上下左右1ボクセル分余分にSelectionツールで選択して、Smoothツールを2~3回使う
EQNL: 重ねたものをスムーズツール

4. スムーズになった塊の表と裏以外(厚みの真ん中)を、1ボクセル分の幅で全体を選択する
EQNL: 厚みの真ん中を選択

5. Ctrl Cでコピーして横に置く。スムーズなくり抜き模様が1枚できる
EQNL: スムーズになった模様を切り取る

6. 1番に戻って、好きな素材で空いてる部分を埋める
EQNL: 模様の穴を埋める

7. 埋めたらSelectionツールで選択して、Ctrl Cでコピーして5番(スムーズなくり抜き1枚)の横に置く
(失敗した時のために1番は取っておくためにコピー)

8. 5番(スムーズなくり抜き1枚)をSelectionツールで選択してCtrl Cでコピーし、7番(なかが埋めてあるギザギザ1枚)のすぐ後ろと前に1枚ずつピッタリ設置する
EQNL: スムーズな1枚を前後に置く

9. 4番と同じように、厚みの真ん中の1ボクセル幅(3ボクセル幅なので2つ目)をSelectionツールで選択して、Ctrl Cでコピーするとはめ込み模様ができあがり
EQNL: はめ込み模様のできあがり

9番でコピーしたものがまだギザギザだった場合、ログアウトしてからLandmarkのCashフォルダの中身を全部削除し、
再びログインしてからコピーするとスムーズになる。

上がちょっとボコったから1ボクセルじゃ狭いようだ。
下はボコってないから2ボクセル分以上空きあったほうがよさそう。
Smoothツールの変更入る前にこれテストしたかったんだけどできなかった。

EQNL: デブネコ模様

これ実は最初ネコ模様でテストしたくてこんなかんじでくり抜いたんだけど、
ウチのネコもびっくりのデブネコに仕上がったんでシンプルなのにやり直し。
板にそのまま描くのが結構難しい。ジェネレーターみたいなのあるといいんだけど。
でも根気と気合でおもしろい模様が作れそう。

→あとで作ったネコ壁画

広告

2 Responses to EQNL – α – はめ込み模様

  1. Shinx says:

    いつも楽しく拝見しています。自分もスムーズな模様作ってみようっと。猫模様期待w

    • Fran says:

      デブネコかわいいんですけどね。
      シャドウっぽく黒猫を作りたかったので、デブと黒猫がミスマッチでした。。。
      スレンダーな黒猫に挑戦してみます!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。