Landmark ビジネスプランへのよくある質問に対するこたえ集

先日発表されたビジネスプランに対するよくある質問のこたえがフォーラムに投稿された。
Business Plan Feedback (a response!)
フィードバックは概ね良好で断固反対は約5%だったそう。
以下の回答も決定事項ではないとのことで、話し合いをしやすいようにまとめてくれたもよう。

  • LandmarkとEQNの違いとは?同じビジネスプランになるのでしょうか?
  • LandmarkとNextは大きく異なります。

    Landmarkは、EQNを作るのに使用されているツールを使ってプレイヤーが想像のままに好きなことができる、超巨大なサンドボックスです。Landmarkのコンテンツはすべてプレイヤーが作り、あらゆるジャンルを含みます。Sci-Fi、ファンタジー、マジソンスクエアガーデンと並んだエリアができることも可能です。
    Landmarkでは制作物によって自分の創造力を他人に見せるだけでなく、他人の創造力に出会えます。

    EverQuest Nextはヒロイックファンタジー型コンテンツです。これも巨大なサンドボックスですが中心となることがLandmarkとは異なります。EQ Nextにはストーリーと冒険があり、プレイヤーが中心となります。
    ここではプレイヤーの創造力は、さまざまなシチュエーションにどう対応するかということに使います。

    二つのゲームのビジネスプランには共通点はありますがまったく同じではありません。LandmarkのプランをEverQuest Nextでそのまま使うことはありません。

  • All Accessメンバーシップとは何ですか?
  • All Accessとは、Landmarkマーケットプレイス(まだ未オープン)のメンバーシッププランです。メンバーだとすべてのSOEゲームにアクセスできます。
    SOEの各ゲームにそれぞれ特典があります。Landmarkもこのプランに含まれます。
    Landmarkのメンバーシップ特典についてはまだ決定していません。

  • Market Stallとは何ですか?(拡張、仮想コイン、ゲーム内経済についても)

  • 詳しく説明すると1ページまるまる必要になりますが、ゲーム内経済についてよく分かっていないためにされると思われる質問がたくさんあります(話していないから当然ですね)。

    ゲーム内経済は活気がありながら個人的です。相手を見つけたり取引をしたりすべてプレイヤーが中心となります。取引アイテムは資源、生産アイテム、テンプレートになります。

    もちろん1対1で行う安全な取引システムもあります。ハブにはMarket Stall(取引の場所枠)もあります。この場所は仮想コインかSC(ステーションキャッシュ)でレンタルできます。
    (テンプレートの取引は1対1でできますがMarket Stallで仮想コインでの取引はできません。Player Studioで承認されればMarket Stallで広告を出すことは可能です)

  • MarketplaceとNO TRADEについて説明をお願いします
  • マーケットプレイスで購入したアイテムはNO TRADE(トレード不可)または自分のキャラクター間でのみトレード可というゲームが多いですが、Landmarkは少し異なります。
    マーケットプレイスのアイテム購入後12時間トレード不可となります。その後アンロックされ誰とでも取引や売買できるようになります。(12時間のあいだ自分で使用することは可能です)
    12時間のロック期間がある理由は詐欺対策のためです。

  • どの資源が販売されるのですか?

  • DirtやStoneといったコモンアイテムから何からすべての資源が販売されます。資源は各サイズのSCバンドルに入っており、各資源の数はレア度によって異なります。ゲーム内限定の資源といったものはありません。

  • 見た目アイテムはマーケットプレイス専用になるのですか?

  • いいえ。 マーケットプレイス限定の服もあるかもしれませんが、ゲーム内でドロップしてマーケットプレイスでは手に入らない服もあります。

  • 追加インベントリを販売しますか?(バッグ、金庫、チェスト)

  • はい、将来的に販売していきます。マーケットプレイスのオープン直後にはありませんが第3段階で行います。

  • Maya、Blender、Maxxなどを使用してプレイヤーがアイテム(服、ツール、武器など)を作り、Player Studioに出すことは可能ですか?

  • はい、可能です。まだ詳細は発表しませんが、過去にあったプランよりもいいものを考えています。

  • EUプレイヤーはいつになったらPlayer Studioに参加できるようになるのですか?

  • 現在8カ国から参加できます。USA, UK, Canada, Germany, France, Sweden, Norway, Denmarkです。徐々に国を追加していきます。

  • SCで購入可能なクレームフラッグの数に限りはありますか?

  • あります。ただし現在協議中です。また別の機会に話し合いましょう。

  • 購入したクレームフラッグと制作したクレームフラッグは同じですか?

  • 同じです。クレームの維持費も同じです。

    広告

    2 Responses to Landmark ビジネスプランへのよくある質問に対するこたえ集

    1. 匿名 says:

      和訳ありがとうございます。
      日本語の情報源が少ないので助かります。

    コメントを残す

    以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

    WordPress.com ロゴ

    WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Twitter 画像

    Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Facebook の写真

    Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Google+ フォト

    Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    %s と連携中

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。