EQNL Landmarkの生産

数日前にリリースされたDeveloper Diaryは、Landmarkの生産について。

EQNL: 生産台

(実際の生産は、生産ビギナーガイドも参照)

以下内容。

 

Landmarkは開拓ゲームで、ゲームに入ったら自分の土地をクレームすることから始まる。
その後は、家具やツールなどこの世界で生き残る上で必要な物を、なんでも自分で作っていかなければならない。
つまりLandmarkでは大量にものづくりをしていくことになる。
そのために、開発はユーザーにとって分かりやすく簡単かつ、奥の深い生産システムを作った。

真っ先に必要なのは、生産台を見つけること。
世界中のあちこちのハブに生産台が置いてあり、そこでプレイヤーは物を作ってスキルを上げ、より良い物を作っていくことができる。

EQNL: 上位生産台Altar

生産台には、通常のものに加えてAlter(祭壇)という特別なものもある。
これを使うとより良い物がより多く、そしてここでしか作れないユニークアイテムが作れる。
あちこちにランダムに出現して、Altarを発見したプレイヤーが使った瞬間にタイマーが開始する。
タイマーはブロードキャストで告知されるので、近くのプレイヤーはAltarが作動したことが分かる。
タイマーが終了すると、Altarは消滅する。

EQNL: ツールのレシピ

では、プレイヤーは何を作ればいいのか。
まず、プレイヤーは最初からレシピをいくつか持った状態でLandmarkを開始する。
レシピには、初期段階のツールやデコレーションがあるので、まずはこれらを作っていく。
その他のレシピは発見してアンロックする必要がある。
生産台のレベルを上げればさらにいろんなことを覚えていくようになる。

開発は、レシピをどんどん追加していく。
プレイヤーにはどんなアイテムを作りたいかフィードバックを送ってもらい、
それに合わせて開発はProp(ボクセル以外で作られた装飾アイテム)やレシピを追加していく。

生産で作れるアイテムには3種類ある。

  • ポーションなどの発動アイテム
  • 最も簡単に作れるアイテム。リストから作りたいアイテムを選んで制作ボタンを押すだけでインベントリにアイテムが入る。

  • 見た目アイテム
  • EQNL: 見た目カタログ

    Props、服など、見た目に関係のあるアイテム。リストにあるアイテムをクリックすると、そのアイテムのバリエーションが載ったカタログを見ることができる。例えば青いシャツを作りたい場合、デフォルトだと赤なのでカタログからいろんな見た目をチェックして、青いのを選ぶ。こうやってアイテムを自分の好みにカスタマイズできる。

  • ステータス付きアイテム
  • EQNL: 生産でステータスをつける

    最も複雑な工程を要するのが、ステータス付きアイテム。
    Landmarkでは、大陸などと同様に必要に応じてアイテムは自動生成され、アイテムに付くステータスや質も自動生成される。

    EQNL: レアなものを生産

    生産にはRelicシステムというものもあり、知識と経験のあるプレイヤーは自動生成システムを使って優れたアイテムを作ることができる。
    Relicとは、Landmarkの世界で見つけることができ、作ることができるアイテム。
    Relicにはさまざまな種類があり、各Relicをアイテムの異なる位置に繋ぎ合わせることができる。
    例えば剣のRelicがあるとする。うろうろしていると、剣のRelicのカケラを見つける。
    生産の過程でこれを元の状態に復元できる。そして復元したRelicを生産で使うとアイテムにステータスが付く。
    Relicシステムは今後ますます充実させていく。

    以上が動画の内容。

    説明以外のことで注目したいのは、ハゲキャラがいること。ヒゲもある。
    さすがというか、やっぱりアメリカのゲームはこうじゃないとね。自分では選ばないが、あると安心する。
    カタログのバリエに出てきただけだから、もしかすると髪型ができていないだけという可能性もある。
    が、EQ2でバーコード頭があったんでハゲが選択肢にあってもおかしくない。(Eru除く)

    もう一つは、生産材料。

    EQNL: 椅子の生産材料

    これは椅子を作る生産の画面に出てきた生産材料。
    斧も同じだったから変わる可能性もあるが、生産材料が思ったよりも多い。
    ツールの性能によって1回に取れる生産材料の量が変わると言っていたから、個数集めるのはそんなに大変じゃないのかもしれない。
    が、1ヶ所で異なる材料がいくつも取れるとは思えないんで、やっぱり集めるのはそう簡単にはいかないんだろう。
    インベントリは大丈夫だと言ってたけど、どんなゲームをやっても常にバッグがいっぱいなんでどうなることやら。
    チェストと金庫を駆使してなんとかなるといいな。

    広告

    コメントを残す

    以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

    WordPress.com ロゴ

    WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Twitter 画像

    Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Facebook の写真

    Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Google+ フォト

    Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    %s と連携中

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。