Landmark 土地のクレーム公式Q&A

Landmarkの土地のクレームのいろいろをQ&A形式で説明したページが公式サイトに追加された。
How Will Claims Work in EQN Landmark?

(最終更新 2014/11/16)

【クレームとは】

Landmarkにはほぼ無限に世界が広がっていて、そこで探検して自分の場所を決める。
Landmarkでは土地の破壊が可能だけど、「公的」エリアで行われた土地の変更は、自然に徐々に元に戻っていく。
ただし、自分の土地で行った変更は永久的にそのまま保たれ、他人にそれが見える。
そしてその場所は保護されているため、他人が変更してしまうことはできない。

ゲームをプレイすることでクレームフラッグを得ることができる。
初めてのクレームフラッグは、ゲーム開始後1時間以内で手に入り、手に入れたら自分の土地をクレームできる。

土地をクレームするには、クレームフラッグをホットバーに入れてアクティベートする。
すると地形が三人称視点で表示され、表示された枠組みの位置を上下に調整して確定する。

クレームした土地の中に入ったら、集めた資源を使ったり、Prop(ボクセル以外のハウジングアイテム)を設置して好きなモノを作れる。
また、土地の設定で土地の名前を決めたり、説明文を入れることができる。

このQ&Aでは初期の段階のクレームの機能のビデオと現時点でのスクリーンショットを交えて説明をしていく。アルファ中に感想やフィードバックを集めてシステムを調整していく。現在はPre-Alphaなので、ここに書いてあることはアルファやベータ中に変更になる可能性がある。

【Q&A】

Q: クレームのサイズは?
A: 現在は70m x 70m x 100m。
βテスト中のフィードバックとパフォーマンスデータによっては変更するかもしれない。

Q: 土地がいっぱいでクレームできなくなるということは?
A: 各エリアでのクレーム最大数は決まっている。上限に達すると、誰かが引っ越さない限りはそのエリアでは誰もクレームできなくなる。
このため、探検したり掘ったりする土地はいつでもある。
大陸がいっぱいだったら新しい大陸に行けばいい。
Landmarkでは大陸の自動生成システムが用いられるため、必要になったらすぐに新しい大陸が追加される。

Q: 土地のクレームはすぐに終わるのか、それとも待ち時間があるのか?
A: 動画にあるように、クレームフラッグを建てて確定したら、手持ちの資源があればその瞬間からそこで制作ができる。

Q: 他人に建設を手伝ってもらえる?
A: 他人に自分の土地で建設できるよう権限を与えれば可能。
デフォルトではクレームした土地で建設できるのは自分だけ。

Q: もう1つ土地をクレームできる?
A: できる。土地を拡張して大きな建物を作ることが可能。

※ 2014/11現在、元になるプライマリークレームが2つ、そこに取り付けるサブクレームが8つの、合計10個クレームを所持できる。

Q: 隣同士の土地の境界線を超えて建物を作れる?
A: 両方の土地を所有していればできる。

Q: 他人の土地と自分の土地をくっつけることはできる?
A: 最初は他人の土地とのあいだにはスペースがある。
様子を見て調整していく。

Q: ギルドクレームはある?
A: 現在個人のクレームに重点を置いているので、ギルドに関してはあとで決めていく

EQN: Pre-Alphaの採集

Q: エリアがクレームされているか、またはクレーム可能かどうか事前にわかる?
A: 分かる。ゲーム内の世界でもマップでも見ることができる。オプショナルなのでオフにすることもできる

※マップ(M)を開いて上部のShow Claimable Landにチェックを入れると、クレームできないエリアはマップが赤でハイライトされるので分かりやすい。
ゲーム設定(F2)を開いてGeneralタブ内のView Claimable Landにチェックを入れると、クレームできない場所はゲーム画面の視界が赤になる。

Q: 生産台など、自分のクレームのPropを他人が使える?
A: 許可を与えれば他人が自分の土地のPropを使える。
許可には何段階かあるので、どの程度まで使えるかも設定できる。

Q: 制作中に他人がそこに立ったまま動かない、といったように、自分の制作の邪魔をできる?
A: できない。オプションで自分の土地で他人を非表示にできるので、邪魔されずに制作できる。

※クレーム管理画面(U)を開き、Securityタブ内のPublic Security LevelsをVisitorにすれば他人が生産台を使える。

Q: クレーム出来る土地の数に制限は?
A: βでは5つクレームできるが、調整中。
クレームには1つずつ維持費がある。追加で土地をクレームする際にお金がかかり、その分維持費も上がる。

Q: 維持費とは?
A: クレームを所有するにあたって継続的に発生する料金。
資源を集めて、そのうちのいくつかを維持費に使う。
維持費があることで、土地のオーナーがプレイを止めたり放置して他の土地に引っ越したため、エリア一帯が廃墟に、ということにならないようにしている。
クレームが放棄された場合、しばらくするとそこは他人がクレーム出来るようになる。

※維持費は2014/11現在1日300Copperで、支払った日数によって前払いできる日数を延ばせるシステム。
初期は5日、5日払うと最大日数が7日に、15日払うと最大日数が10日に、30日払うと15日に、50日払うと20日に、80日払うと25日に、120日払うと30日前払いできる(最大)。

Q: 維持費を払わなかった場合アイテムはどうなる?
A: その場合失うのはその場所だけ。クレームにあった資源やPropは保存され、建物はテンプレートになって保存される。
戻ってきた時に誰もそこをクレームしていなければ、もう一度クレームできる。
誰かがすでにそこをクレームしていたら、新しい土地を探してクレームする。
テンプレートを使ってすぐに以前の建物を設置できるし、新しく作ることもできる。

Q: 一人でアカウント100個土地100個を止めるには?
A: クレームに維持費がかかる理由の一つがこれ。
100個クレームしたら、維持費が高くなる。
これはアルファとベータでバランスを見ながら調整していく。

EQNL:Pre-Alphaの雪景色

Q: 走り回る以外に他人のクレームを探す方法は?
A: 検索で探すことができる。
自分の土地にタグを入れて検索で探しやすいようにできる。(Uから)
評価システムでは見に来た人が建物の評価ができる。(タグを入れないと評価システムはオフ)
友達のクレームや、権限をもらったクレームは見つけやすくなっている。

Q: ナビゲーションヘルプはある?
A: マップで自分のクレームの場所を見ることが出来る

Q: 自分のクレームへの最速移動手段は?
A: プログレッションで使えるようになる。
生産で作るアイテムPortal Shardが最速移動をするのに必要。
レイラインネットワークで重要な場所や大陸に移動できる。

Q: クレームはグリッドでロックされるのか、それとも回せるのか。
A: グリッドにロック。回せると角地に何も建てられなくなるから。

Q: クレームを地中深くに埋めたり、自分のクレームの上にさらにもう1つ重ねたり出来る?
A: 制限内で上下にクレームできる。
他人が地中を探検できるため、地中の制限をどうするかまだ決めていない。
空中もどこまで高くクレームできるか決まっていない。
ベータで意見を聞いたりして調整する。

Q: 他人にクレームを譲渡できる?
A: できるようになる。他人に譲渡するか、梱包してPlayerStudioで売れるようになる。

Q: クレームに倉庫は?
A: インベントリ、金庫に加え、クレームにはチェストを置ける。
どの金庫からも物が取り出せるのと違って、クレームのチェストはそこからだけだが、
チェストのほうが保管できる容量が大きい。

※他人がチェストの中身を取るには、クレーム管理画面(U) → Securityタブ → Public Security LevelsをCustomerにする。

Q: オープンβ後にクレームはワイプされる?
A: ワイプされない。
アルファとクローズドβ後にワイプされる可能性は高い。
アルファとクローズドβの他にもワイプがあるかもしれないが、オープンβが始まったらクレームのワイプはしない。
Trailblazerファウンダーズパックを買った人はオープンβ開始前にヘッドスタートできるため、
正式サービス開始後もキープできる土地を見つけてクレームすることができる。

Q: ワイプ前に作ったものを保存してあとで使うことはできる?
A: できる。建物はテンプレートになって保存されるので、ワイプ後に資源を集めてテンプレートを使って同じものを作れる。
ただしβでクレームやボクセルのサイズを変更した場合ワイプせざるを得ない。
変更前のサイズのテンプレートを保存することができるかもしれないが、新しいサイズでは機能しない可能性もある。
ワイプはできるだけ行わないようにする。

Q: 他のサーバーに行って資源を掘り、自分のサーバーやさらに別のサーバーに持っていける?
A: できる。他のサーバーの人の建物を眺めたり、Propや資源を探せる。全部持ち帰れる。

Q: クレーム後に引っ越しできる?
A: できる。これも維持費を払わなかった場合と同じで、土地の建物をテンプレートにして引越し先で同じテンプレートを使えばそのまま使える。クレームフラッグが戻ってくるので他の場所に引っ越せる。

※引っ越しは管理画面(U)の右下、Delete Claimをクリックでそのクレームをたためる。自動でテンプレート作成され、アイテムはすべて戻ってくる。

EQNL: Pre-Alphaの植物の設置

Q: アルファとは?
A: 未完成のゲーム。ここまで初期ステージにプレイヤーに参加してもらうのは、他のゲームではやったことがない試み。
正式稼働前にフィードバックをもらい、システムを見てもらって改良していきたい。
通常はゲーム開発者しか体験できない、システムに少しずついろいろ追加されていくのを目にすることができる。
今まで発表してきた建物、探検、クレームなどゲームの基礎を見ることが出来るが、フィードバックを待っているため完成したかたちではない。
いろいろ試して遊んでどうしたらいいかフィードバックをしてほしい。
アルファにはコンバットはないが、正式稼働後には導入される。
生産はベーシックのものが利用でき、これもフィードバックを募集中。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。