【シムシティ】日中動きまわる赤十字の車両

シムシティ: クラーク・ランディング

クラーク・ランディングに都市を設立した。

シムシティ: まっさらなクラーク・ランディング

まっさらなクラーク・ランディング。
1/3くらい崖がある土地。

シムシティ: まずは赤十字救援センター

ここではまず赤十字救援センターを建てて、病院なしだとどうなるか見てみることにする。

シムシティ: 死亡者の家に行く赤十字の車両

災害がない状態の時に赤十字の車両を追うと、死亡者や負傷者の家や商店、公園などに向かってゆく。

シムシティ: 戻っていく赤十字の車両

1軒だけの時もあるし、何軒か回ってからまた赤十字救援センターに戻っては出動していく。

シムシティ: 災害時以外に出動する赤十字の車両

これを昼間のあいだだけ車両2台でずっと繰り返している。
救急車は外から来ているが、どの都市から来ているのか表示されていないので分からない。
いつも2台来ている。
道路が緑なのは救急車がいるせいで、赤十字の車両のせいではない。

シムシティ: 病院なしで支持率90%

現在都市人口4万8千人。住民はほとんど低所得者で次中所得者、高所得者が少しいる。
「健康」が黄色になることはないが、病気、ケガ、死亡はある。
都市の年数3年で、何かと文句の多い高所得者が今のところ医療の文句を言っていない。
もうちょっと年数と人口が増えると不満が出てくるかもしれない。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。