【シムシティ】米赤十字社とのコラボDLC

米赤十字社とのコラボDLCのお知らせ(英語公式ブログ)

ついてくるもの:
被災者支援センター(避難所と食料)
赤十字社診療テント
車両2台

期間:
2013/9/17から1年間

価格は$9.99で米国と欧州一部の地域のみのキャンペーン
売り上げの8割以上米赤十字社に寄付される。

自然災害が起きるとテントが街のあちこちに自動的に出現し、復旧すると消える。
テント1軒消えるごとに街にシムが10人帰っていく。

米赤十字社といえば東北の震災の時のアメリカでの機動力がすごかった。
その日のうちに東北義援金専用窓口が開設して、ケータイで打つテキストメッセージが大々的にメディアで公開された。
なんて打ったか忘れたが、文字だったか数字だったかのコードの後ろに数字を打ってSMSを送信すると(ABCD20というかんじ)、
打った数字の金額(US$)が義援金になってケータイ電話キャリアの請求書から直接引き落としになる仕組みで、
誰でも簡単に寄付できるシステムが直後にもう整っていた。
街に出れば銀行窓口やスーパーのレジなどあちこちで東北義援金のお知らせやら箱やら置いてあって、
日常で普通に生活していれば目にするようになっていた。
発生後2週間ほどで100億円集まったそうだが、今どうなってるかサイトを見たら1年後の東北、2年後の東北、と今もレポートがあった。

というわけで何があるか分からないしあとでシムシティやる時間ができたらこのキャンペーンに参加してみよう。

あとはシムシティの公式Facebookに『2日後に何かが起きる』、的な告知がある。
昨日の投稿だから明日告知かな。
拡張っぽい。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。