EQNext 今後一ヶ月でEQNの世界と土地、生産材料の情報、新しいロアが紹介される予定

EQNext LandmarkとEQNextの今後1ヶ月の予定について

September 2013 Producer’s Letter

EQNの世界と、どのようにしてその世界が作られるかに関する次の2点の情報と、新しいロアを紹介していくそう
(EQN Landmark中心)

1. 世界について

  • どのようにして大陸が作られていったか
  • 大陸同士でどのような関係があり繋がっているのか
  • 土地をどうやって自分のものにするか
  • 土地と接点を持てるさまざまな方法に関すること

  • 2. 破壊、獲得、制作について

  • 材料の集め方
  • 材料の探し方
  • 生産スポットの見つけ方
  • 世界中のあちこちのエリアと環境をどのように進んでいくのか

  • 3. 新しいロア

    現在公開されている2つのロア以前に時間をさかのぼった新しいストーリーを紹介。
    新ゾーンAshfangがどうやって生まれたかが判明する、世界を変えたドワーフのシーフ視点から見たストーリー。
    ShissarとElfも登場する。

    ロアに関しては第一弾eBookの作者がファンサイトのフォーラムに来て話してくれていておもしろい。
    2箇所のフォーラムで見かけたが、ロールプレイヤーサイトのフォーラムの書き込みがいろいろ詳しかった。
    本人もUO時代からのロールプレイヤーらしい。
    かなり質問攻めにあっているが、内容は以下のとおり。

    Ogre視点など、いろんな種族の視点から見たストーリーをすでに数冊書いていること。
    プレイヤーがプレイできない種族視点のストーリーもあること。
    種族視点だけでなく実際にゲームに登場するキャラクター視点のストーリーも書いてること。
    今現在出ている2つのストーリーはプレイヤーがEQNを開始する500年ほど前の世界であること。
    ElfのTeir’Dalがツノが生えたDark Elfになった理由はこれからストーリーで出てくること。
    開発が信じられないくらい膨大なロアを用意していて、それに関するストーリーを書いていたら一生かかっても書ききれないこと。
    今現在出ている2つのストーリーはまだまだ序の口なこと。
    今後出てくるストーリーは数千年に渡る出来事ということ。
    Spawnスポットがあってそこでmobを殺しても時間が経てば同じ場所にrepopするゲームじゃない点、
    NPCのAIのおかげで自分の選択で世界を変えたり直接影響を与えることができる点、
    自分のやった内容が覚えられている点、
    という3点からロールプレイヤーにとって最高の舞台であること。

    ShissarとElfが出てくるってことは、ShissarがElfを裏切った頃辺りかな。
    1人のドワーフのシーフが世界を変えたというのがおもしろそう。
    これが1人のノームが、ってなったら何かとんでもないことをしでかして悪い意味で世界を変えたってイメージだけど
    ドワーフならいい意味かもしれない。期待。
    シーフは新しいクラスなのかな。

    広告

    コメントを残す

    以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

    WordPress.com ロゴ

    WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Twitter 画像

    Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Facebook の写真

    Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Google+ フォト

    Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    %s と連携中

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。