EQNext トランスファーとアンロック

EQNext LandmarkのアドベンチャークラスをEQNextに移動できる件について。
キャラクターをトランスファーと言っていたと思ったが、アンロックと言っているところもある。

アンロック
EQHammer
Playing the Adventurer unlocks access to it in EverQuest Next at launch, so you can multiclass from day one.

トランスファー(アンロックも含ませてるような微妙な感じ)
Massively
If you play Landmark, you’ll also have access to the Adventurer class when you boot up EQ Next, allowing you to start multi-classing from your first moments in-game (or you can just transfer your Adventurer directly into Next).

トランスファー&アンロック
ZAM
Once the full EverQuest Next launches it’ll even be possible to transfer the character to the new game. Either way, the Adventurer will be unlocked for all our characters, allowing multiclass experiments to start right away.

最初にアップされたライブ配信ではトランスファーと言ってたのが、
あとでどこかのプレス(確かイタリア)とのインタビューではアンロックと言ってたと思う。
それでごちゃごちゃになってるようだ。
トランスファーと聞くとサーバー移動でキャラを移動するような、キャラそのものを移動するイメージだが、
スキル的なものを移行するだけでEQNではキャラを別に作るというのが正しい気がする。
でなければEQNLにキャラがいなくなってしまう。
それにEQNLで使える種族が限られているとすると、EQNで違う種族をやりたくてもできなくなってしまう。

上のリンク先のZAMにここここで書いたGamescom 2013の情報以外のものが少し載っていた。
以下EQNLについて新しい情報だけ。

  • 自由に作成をできるとはいえカスタマーサービスの管理のようなものがある。世界観に合わないもの(近代的な高層ビル、近未来宇宙基地、実在の歴史建造物など)は却下される
  • 土地を決めていろいろ作ったあとに気が変わって引っ越ししたければ荷物をたたんで引っ越しできる
  • 制作に使う資源にはコモン、アンコモン、レアなどあり、レアなアイテムにはレアなツールを使って材料を得る
  • 材料はそのまま建設の基礎に使ったり、生産テーブルに持っていって高度なアイテムにしてから使うことができる
  • シンプルな生産テーブルはほとんどどこにでも設置できるが、大きな生産テーブルを設置するには数人必要
  • ものすごく複雑なものを作るには、なかなか簡単に行けない場所の生産テーブルに行く必要がある
  • テンプルを作れ、などといったテーマが出され、それにそって建設した建物はキーワードでタグ付けして投票システムに利用し、スコアボードに表示される。上位の作品がスタッフによって審査されてEQNに導入される
  • 上のコンテストに参加するとアチーブメントやタイトルなどを獲得できる
  • EQNLはEQNがリリース後も継続され、EQNLが好きな人はずっとEQNLだけプレイすることができる
  • 広告

    コメントを残す

    以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

    WordPress.com ロゴ

    WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Twitter 画像

    Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Facebook の写真

    Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Google+ フォト

    Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    %s と連携中

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。