EQNext 階層アートの隠しアイテム

EQN: 木に刻まれたFBSSの文字

いったいどうやったらこんな細かいものを見つけるのか。

もはや公式フォーラムと言ってもいいってほどSOEスタッフが顔を出しているEQNextのsub redditで、
ひょっとしたらEQNって地面潜っていったらアイテムが見つかるんじゃ?」という書き込みがあった。

EQN: 階層のアート

これはEQNextが地面から地下まで掘り進んでいける階層をあらわすアート。
SOE Live 2013で出てきたんだったと思うがハッキリは覚えていない。
公式のWikiで高画質の画像を見ることができる。

Wikiにある大きい画像をよーく見ると、

EQN: 階層のあいだに挟まった武器

階層のあいだの地面のなかに、武器やらマグカップやら埋まっている。
一番上の画像は第一階層の左に生えてる木に刻まれた文字で、FBSS 5300PPとある。
他に刻まれている文字は、WTB MITH 2 HANDERとSERPENTINE BRACERS 50pp。
FBSSずいぶん高いな。。。

Redditの解析班(?)によると、階層のあいだに埋もれているアイテムは、

Stein of Mogguk
Glowing Black Stone
Opaline Bracelet
Rubicite Bracelet、Helmet、BP
Executioners Axe
Short Sword of the Ykesha
Flaming Sword of Xuzl
Ghoulbane
Fiery Avenger

だそうだ。
まだ解析が続いてるっぽいんでもっとあるかもしれない。

ちなみに制作現場のビデオの最初に早送りのところがあり、
そこはプレビュービデオの早送りと同じのかと思ったが、
公表されて10分後にはもう解析班がプレビューで言ってたことと異なっていることを突き止めていた。
内容は「今日のプールパーティではFirionaの衣装をみんなに着せるかな、おっとPermadeathの話するんだった」ってもの。
これがまたジョークだかハードコアサーバーがあるんじゃないか、などと憶測が出ているが、ジョークだと思う。

凄腕の解析班がいたもんだ。
こういう人たちが最初にクエストを発見していくんだろう。
ここがEQ1のトレードのメッカEcomの原点の場所なのかな?
サーバーによってFPのところもあったらしいが。

そういやSOE LiveのEQNの世界がどうやって作られたかのパネル、
まだ見ていないがそこではNajenaのFlowing Black Robeが画像で取り上げられていたそうだ。

しかしこうやってアイテム名を見ただけでいろいろと思い出すものがある。
EQ1のアイテムってのはただのアイテムじゃなくて、
過酷なアイテムキャンプとかCRとかとTrainとかいろいろ組み合わさってるからだろう。
アイテム名や、どうやって手に入れたか、手に入れられなかったか、
というのを何年経っても覚えてるゲームってのも珍しいと思う。

とまあEQNのアートにこんな秘密が隠されていたわけだが、トレハン的な仕組みでもあるんだろうか。
アートに遊びを入れてみただけかもしれないし、
ゲーム内でもこういう遊び心のあるちょっとしたことがあるといいな。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。