Le Creuset ルクルーゼ ビュッフェキャセロール

レイチェルレイのフライパンがストーブに合わないため返品し、
かわりにルクルーゼのビュッフェキャセロールを買ってきた。

本当はルクルーゼのフライパンが欲しかったんだが、
売り切れだった。
なので前にどこかでビュッフェキャセロールをフライパンがわりにしてる、
というのを聞いたことがあったことだし、私もそうしてみることにした。

ビュッフェキャセロールは直径30センチサイズのもので、
色の選択肢が黒、赤、青しかなかった。
できればもっと小さいサイズのオレンジかライムが欲しかったところだが
まあ仕方がない。重さはなんと4.9キロもある。
お値段は$139。

フライパンを買ってももうセラミックのストーブトップの上で揺すらないだろうし、
何よりもテフロン加工はもちの悪さが気になる。
二、三年に一回フライパンを買い換えている。
これは長持ちしそうだ。なにせ保証期間が(確か)101年だ。
底が広いと、手前で炒り卵を作りながら向こう側で野菜炒め、なんてこともできる。
フライパンは大きさ違いで4つあるが、洗うのがめんどい時は
一番デカイのでそうやって使うことがある。

買ってきて写真を撮り、シールはがしに苦労してたら、
カウンターの上の箱の上にガブが乗ってくつろぎだした。

今回は買う前にこの箱を開けて説明書をじっくり読んだ。
このタイプのストーブに合うのかどうか。
最新のテクノロジーの調理器具にも合う、とあり、
このタイプのにもバッチリ合うと書いてあったのを見て決めた。

さて、早速使いたくて仕方がない。
フライパンを返品し、ルクルーゼを買い、ついでに食料品も買ってきた。
また買いすぎて冷蔵庫に入りきれない。
先週緑のタヌ箱買いしたときに見つけたモヤシが
冷蔵庫のなかでかなり邪魔だった。

ルクルーゼでの初料理が・・・とは一瞬躊躇したが、
この大量のモヤシを使ってナムルを作ることにした。
モヤシのバッグの大きさが分かりやすいように、
周りにカルファロンの大きい鍋と小さい鍋もルクルーゼと一緒に並べてみた。
繰り返すが、ビュッフェキャセロールは直径30センチである。
袋のデカさが分かるだろう。

ビュッフェキャセロールにモヤシを一気に投入である。
全般に渡って写真がピンぼけだがお気にせず。

できあがり。
かさが減った。

ルクルーゼでの調理は水分がほんの少しでいいらしい。
野菜自体から出る水分でうまく調理できるそうだ。
どんな料理でも中火以上はいらず、
作り終わる前に火を止め、余熱で完成させる感じ。
例えばアスパラをゆでるのに、まず少量の水だけ熱したら火を止め、
それからアスパラを入れて塩振って蓋閉めて二分待てばできちゃうそう。
しかも野菜の自然のうまみがすごく出るそう。
オーガニックの野菜で試してみたい。
今まで使ってた鍋、フライパンとちょっと違うところが楽しいかも。

広告

2 Responses to Le Creuset ルクルーゼ ビュッフェキャセロール

  1. charow says:

    ビュッフェキャセロールってなに?w
    フライパンとはどう違うの?
    取っ手&蓋つきフライパン?wモヤシが大量だね!
    今度、あいりの料理食べに行くよ!
    宝くじが当たったらね。。。。
    宝くじが。。。。しくしく。。

  2. acidburn says:

    とうとうル・クルーゼをゲットか!!おめ!
    一生わすれられないね初めてのル・クルーゼがモヤシナムル。
    ちょっと料理のしかたもこつが違うのね。おいしくできそうでいいな。
    そういや「ル・クルーゼで作る和食」とか
    そういう感じのシリーズ3冊くらいでてるはず。2冊もってたようなきがするよ。
    それにしてもモヤシの大量売りがきになるね。さすがミルクをガロンで売る国は一味違うよ・・・。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。