EQ2JE CoAAとGoAAのムービー

週末のGoAAで箱の中にこんなのが入ってた。
石像をアクティブ化するのに使うそうだが、
3 grpしかいなかったからか今回はやらなかった。
それが強いのかはよく分からないけど。予想。
このアイテム自体初めて見たくらいだからとりあえず温存か。

ところでCoAAとかGoAAとか、略称が紛らわしい。
前者に着くAAが「アル・ファズ」、後者のが「アーケット・アケン」で、
PoFにある幻想への鏡から入るRaidゾーンと、
SSリビング・トゥーム入り口から入るRaidゾーン。

英語公式フォーラムにこの二つのゾーンのムービーが貼り付けてあった。
「戦闘の記録」だけのムービーは多いが
こういったショートストーリー的にまとめたものはなかなか見つからない。
ドイツ語。

The Striders – The Court of Al Afaz (108 MB / 6min 38sec)
http://www.onorata.de/download/The%20Striders%20-%20Al%20Afaz.wmv

The Striders – The Gates of Ahket Aken (101 MB / 6min 20sec)
http://www.onorata.de/download/The%20Striders%20-%20Ahket%20Aken.wmv

フォーラムには両方とも直接リンクで貼ってあったが
負担かかりそうだしここは一応URLを載せるだけにしておこう。
上記URLをコピペで飛ぶとすぐムービーが始まる。
こんな感じで二つともゾーンは幻想、リビング・トゥームの使い回し。

閑話休題。
鎧を破壊するスライムをやったあとに
これまた鎧を破壊するAdofoをやった。
「仕切直し」なーんてやってるうちに
ジリジリとプレートタンクの鎧の耐久が減っていく。
そしてそのうち耐久6%、なんていう中途半端な数字になっていく。
そんな滅多に見ることのない端数な耐久をチェックするのもまた乙だ。
しかしながら、そんなこんなでそう何回もはトライできない。

そして私はポーンと道の反対側のスライムの池まで飛んだりして。
ほんの数秒が数分にも思えるくらい長いこと宙に浮いて
地上で戦ってる小さい人々を見ながら思ったことは、
「ヒールが出来ない!」ではなく、
「うわこれ落下死したらマズイ!」だったことを付け加えておこう。
これはこの極限状態を体験した人でないと分からないだろうから。
結果は池に落ちたため無傷だった。
ってどうでもいいな。

とまあ、こんな孤独なドラマが人知れずあって、
そして恐らく戦闘してる個々の人にも表面には出ないけどいろいろあって、
かくかくしかじかで(?)結局時間切れで落ちる人も出てきて倒せず切り上げ。
忙しくてSS見てこれくらいHP減ってたのか、って初めて知ったけど
実際どこまでやったのか不明。

広告

5 Responses to EQ2JE CoAAとGoAAのムービー

  1. ハム says:

    raidって割と長い時間戦ってるはずなのに、ある瞬間は凄い刹那的だったりして。
    そうした時間の並に乗るか乗らないかなのかな、なんて思ってます。

  2. ハム says:

    並じゃなくて波ですネ

  3. Fran says:

    うーむ、確かに。
    長いのに刹那的、深いな~。

  4. Miyabi says:

    Ayriは、よくSSとってるね。
    大概は、集中してるときは忘れるのものだけどね。。。

  5. Fran says:

    ふ。
    このすぐ上のやつではSS撮り忘れだよ。
    そう!昨日Miya君が上司の目をかいくぐってチャットだけしに来た、
    あのときのことだよ!
    あんまり撮ると整理するのが大変なんだよね。
    撮ったらなるべくその日のうちに削除してるけどね。
    最近は撮るのも控え気味だから2-3日おきに削除だな。
    Miya君もなんかおもしろいの撮って!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。