EQ2 -DoF beta- CLRヒール

英語サーバーからのキャラクターがベータサーバーにコピーされた。
持ち物もバンクの中身もそっくりそのままだった。
popするとCommonに落とされていて、スペルが数個入った。
既に取ってあるTraitsで、
ベータサーバーでなくなってるものの代わりかなきっと。

ベータサーバーに限って
/respecで何度でも好きなだけTraitsの取り直しが出来る。
Templarのも最初からやり直してみた。

InqとTempのヒールってどういう違いがあるのかを
見てみることにした。
まずはまったく同じレベルで覚える単体Vitae。
説明文を見るとまったく変わらない。

わずかな誤差はあるが、何回かやるたびにどちらも違う数字だから
単体Vitaeは両クラス変わりはないようだ。

今度はインスタンスヒール。
レベル43と46のInqとTemp。
最初間違ってInqのほうの46のがMaster IIのままだった。
/respecでApp Iに戻したのが右端の。
一応Master IIにするとこれだけ違う、ってことでそっちも残した。
これはかなり違うのが分かる。
TempのほうのRecast timeがかなり長いが、
ヒール量は大きい。
そしてMaster IIにしたときのヒール量のアップがすごい。
けどTraitsではVitaeかインスタンスヒールか
毎回どちらかしかMasterIIにできない。
どれをMaster IIにするかでだいぶ違ってくる。

次はグループ版のヒールを比べてみよう。
ちなみにこれが最終ではないので、どうなるかまだ分からない。
インスタンスヒールのスパムはイやだけど
Vitaeの重ねがけができないから併用することが多くなるのかも。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。