EQ2 公式で見れるキャラクターのあれこれ

EQ2では街に小動物がたくさんいる。
ネコには名前がちゃんと付いていて、
ネズミを追いかけたりしていてカワイイ。
Qeynosの住民はネコ好きなんだね。
地区によってはなぜか子豚も歩いている。
のんびりした平和な風景。

クエストジャーナルには50個までしかクエストを貯めておけない。
残り一桁になったんで、
これはマズイ、とクエストを片付けることにした。

公式EQ2 Playerサイトで自分をチェックしたら、
いろいろとデータが出てきた。
何匹殺したか、何回死んだか、meleeダメージをどれだけ出してるか、
クエストをどれだけこなしたか、などこれを見ると一目で分かる。
しかもサーバー内、サーバーワイドでのランキングも出る。
レベルが上がった瞬間、どこで何をしていたかもちゃんと記録されている。
他のページではキャラクターのStats、装備一覧を見ることが出来た。
オプションにペーパードール専用のSSの撮り方があるようで、
それをやるとこのページにアップできるそう。
あとでやってみよう。

ゲーム内でもクエスト終了したものがちゃんとジャーナルに記録される。
でもwebでも見れるのは便利だね。
私はクエスト37個やったようだ。
昨日やったのは10個もないと思う。
こなしてもついまた違うの受けちゃって、結局減ってない。。。

お使いクエストが多い。
これ系は例えば「人がいなくてすることないけど、ソロは無理」ってときや
「1時間で落ちないといけない」ってときに最適。
EQ1ではそう言うときLFGで待つか、
トレードスキルでもするしかなかったんで、
EQ2でこうして「一人で出来る」ことの選択肢が出来たのはいいことだ。
転職クエストなど必然的にやらないといけないのもあるが、
他は本人の自由。

で、昨日はお使いクエスト系を中心にこなしていった。
途中で道場にこんな人がいるのを発見。
先生だよ。
周囲には正座してる人が何人かいた。

クエストの過程で地下の洞窟も探検。
ミイラがたくさん置いてある部屋があった。

そういや昨日はセブンとも合流。
しかしこの長すぎる名前はどういう嫌がらせなのかね?

みんなレベルが同じくらいなんでいい感じ。
EQ2の今のところの感想は、やはり難しいゲームってこと。
EQ1よりはかなり親切で取っつきやすい作りだけど、
他のいろいろなゲームに比べると複雑で難易度が高い。
特に死んだときの大変さが私がやったことがあるゲームの中では
EQ1,EQ2は群を抜いて高いと思う。
それでもEQ2には「遊び」の要素がEQ1よりたくさんあるので、
狩りをしまくり、ひたすら経験値を稼ぎレベルを上げ、
装備を得るためにとんでもない長い時間と多くの人を要するEQ1と違って
もっと余裕のある遊び方が出来る。
狩りだけのEQ1よりも、ゲーム内で「暮らす」という感覚がある。
やっぱりEQ2もEQ1の伝統を受け継ぎ「麻薬」のようなゲームだと思う。

「今の状態で正式サービスは早すぎる」とか言われていたが、
今のところBugなど不都合は全くない。
ゾーンも重くないし、戦闘もスムーズ。
SoEは開始前かなり頑張ったんだね。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。